Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RADIOHEAD plays Ceremony ( NEW ORDER )

 「セレモニー(Ceremony)」は、イアン・カーティスを失ったジョイ・ディヴィジョンが、新たにニュー・オーダーと名乗って活動を再開した際、最初に発表したシングル。サウンド的にはジョイ・ディヴィジョン色を濃く残しており、その意味で、ふたつのバンドのミッシング・リンク的な曲だ。
(2006年のベストアルバムに収録された)81年発表のシングル・バージョンと、87年発表のアルバム「サブスタンス」に収録されたバージョンの2種類が聴ける。

 レディオヘッドがジョイ・ディヴィジョン/ニュー・オーダーから強い影響を受けているのは明らかだが、バンドのドラマを象徴するようなこの「セレモニー」という曲への愛着は尋常ではないのだろう。数ある有名曲の中からこの「セレモニー」を選んで演奏したその出来栄えは、カバーを通り越してコピーと表現したほうが近い演奏だから。













































>>「RADIOHEAD plays Ceremony ( NEW ORDER )」の続きを読む


スポンサーサイト

Navigations, etc.

Navigations

スポンサードリンク

最近の記事

プロフィール

Author:truxmt
お問い合わせはにお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。